脂肪細胞の活性化による痩せる体づくり

ダイエットを成功させて体重を減らすことが、肥満体型を脱却するためには必要不可欠なことです。人体には、脂肪細胞が2種類あります。この脂肪細胞の性質を賢く使うことで肥満の解消策を講じることができます。白色脂肪細胞は脂肪の蓄積を、褐色脂肪細胞は脂肪の燃焼を担っています。体に熱を生じさせる効果が、褐色脂肪細胞が活性化した時に得られます。たくさん食べても太らないという人は、褐色脂肪細胞の機能が遺伝的に活発である可能性があります。基礎代謝が低く、体脂肪がも燃えにくい人の場合、褐色細胞がもともと働きづらい体質であることがあります。赤ちゃんの頃が一番褐色脂肪細胞が多くて、40歳を過ぎると休息に少なくなってしまうといいます。人間の体に存在する脂肪細胞のうち、褐色脂肪細胞はたった1%程度です。その褐色脂肪細胞が年を取ると経るのですから、年をとると体脂肪が燃えにくくなるは当然です。白色脂肪細胞は体じゅうにありますが、褐色脂肪細胞は肩甲骨や鎖骨の辺りにあります。褐色脂肪細胞がより活動しやすくするために、シャワーの温度を切りかえながら体にかけるという方法がありますが、心臓が弱い人には向きません。白色脂肪細胞にしろ、褐色脂肪細胞にしろ、人間の体には重要な役割を担います。適度な運動をして褐色脂肪細胞が体脂肪を燃やしやすい体をつくることや、食事内容を見直して体にとって役立つ成分を摂取するようにすることで、体脂肪の燃焼か可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です