美容成分のコラーゲンとヒアルロン酸を比較

化粧品に使われている美容成分は色々なものがありますが、中でも知名度の高いものにヒアルロン酸とコラーゲンの2種類があります。コラーゲンとヒアルロン酸は混同されやすい成分ですが、両者の間にはどういう違いがあるのでしょうか。コラーゲンとヒアルロン酸は共に、表皮の内側にある真皮という皮膚組織に存在している成分です。ヒアルロン酸は、コラーゲンがつくる格子の中にゼリーの状態で入っています。これらが合わさって真皮層と呼ばれる層を形成しています。コラーゲンやヒアルロン酸量が十分にあれば、肌のしわやたるみをなくすことができます。コラーゲンの特長は、その存在によって、シワの予防や改善をすることができる成分となっています。お肌にコラーゲンがしっかり存在していることで、肌のハリを守ることができるのです。一方、ヒアルロン酸は大量の水分を保持しておけるという強みがあります。ヒアルロン酸そのものが水のようなゼリー状なので、肌の中に不足することなく豊富にあれば、乾燥知らずの潤った肌になります。コラーゲンが果たしている機能と、ヒアルロン酸が果たしている機能は違っていますが、どちらも美容に必要だという点では一致しています。ヒアルロン酸は保湿効果、コラーゲンはしわやたるみ対策に、あえていえば必要とされている成分です。肌質の改善はお手入れが重要であり、コラーゲンやヒアルロン酸を使用したスキンケアによって、美しい肌を持続させることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です