無添加の基礎化粧品を購入する時には

最近は、無添加であることを重視して基礎化粧品を選択しているという人は少なくありません。無添加の基礎化粧品と聞くと配合されている成分が肌に良さそうというイメージを多くの人が持っていると思います。無添加と言っても何が無添加であれば、無添加基礎化粧品と表示できますというような、はっきりとした決まりは無いのです。保存性をよくしたり、酸化を防ぐための成分は入っているけれど、色づけや香りづけはされていない無添加化粧品も存在します。色や香りは何もつけていないけれど、合成界面活性剤は含まれており、肌への刺激はある程度あるという無添加の基礎化粧品もあります。アレルギー症状にかかわっているパラペンが入っているような基礎化粧品でも、無添加化粧品という売り方をしている場合もありえます。界面活性剤や、着色料、香料が入っていないことについては、無添加の基礎化粧品だと主張する商品もあります。商品を選ぶ際には、無添加という言葉に惑わされるのではなく、表示されている成分すべてをパッケージで確かめてみる必要があるでしょう。無添加オーガニック化粧品として販売されている商品もありますが、これもオーガニック成分だけで作られていなくてもオーガニックと記載されているケースは多いようです。化粧品に使われている材料がまるまる全てオーガニック材料とはなっていなくても、オーガニック化粧品と名乗ることは可能です。また、添加物が含まれていないために変質しやすく、酸化、腐敗しやすい化粧品もありますので、取り扱いに注意をしなければなりません。基礎化粧品を選ぶ時に、無添加であることを重視したいなら、配合成分表をチェックするなどして、確かめることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です