リバウンドしないための痩身方法とは

張り切ってダイエットに取り組んでも、方法が適切でないと、リバウンドなどでまた太ってしまいかねません。日々の食事内容を見直して、栄養バランスが偏らないように注意、ホルモンの働きが活発になるようなダイエットをしましょう。食事量を減らしてダイエットをするという方法もありますが、減量効果は一過性のものにすぎず、すぐにリバウンドしてしまう痩せ方です。食事量を減らす痩せ方は、脂肪だけでなく筋肉も減ってしまうため、基礎代謝が低下して、カロリーが燃えにくい体になります。たんぱく質を摂ると太るというイメージから、たんぱく質の少ない食事を続けていると、筋肉を合成する原料が不足します。リバウンドしないように痩身をするためには、適度な筋トレを行う必要があります。きつい筋トレをする必要はないので、ダイエットを目的としているならば、軽く汗をかくぐらいの筋肉の使い方をするようにしましょう。有酸素運動は、体内に蓄積されている脂肪を燃やすための運動ですが、脂肪を効率的に燃やすには、無酸素運動をして筋肉を使うことが肝心です。筋トレをして、体にちょうどよく筋肉がついている時の有酸素運動は、ダイエットには有効です。体内のホルモン分泌が滞っていると、体脂肪の燃焼が停滞することがありますので、ホルモンバランスのいい状態を目指すことも痩身のためです。ホルモンの調子を整えるには、毎晩ぐっすり眠ることや、自律神経の働きを整えるためにリラックスの時間を確保することです。腸内環境を整えると、痩せる腸内細菌が増えるので、食物繊維や乳酸菌を沢山食べることも痩身方法として効果があるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です